タバコと癌
Google

タバコの煙には、発癌性を有する化学物質が含まれており、一方でニコチンには依存性が認められている。そのため、喫煙者は長期間にわたり繰り返し発癌性物質に曝露される行為を繰り返してしまう傾向が高い。
喫煙によって罹患率が増加することが示されている癌として、肺癌、喉頭癌、咽頭癌、食道癌、膀胱癌などがある。
日本における2003年の癌の統計によれば、20〜24歳の男性が喫煙を開始して肺癌を発症して死亡する数は人口10万人あたり114.0人であり、非喫煙者は24.1人とされており、約5倍となる。全癌においては、10万人中喫煙者で571.5人非喫煙者で347人と、喫煙者において有意に癌罹患率が高いことが示されている。

Yahoo! JAPAN

喫煙は、多くは紙巻タバコであるが、癌の最大の原因とされるため、癌の多くは予防が容易である、と現在の学界では考えられている。欧米では80%の肺癌が喫煙に由来すると見積もられており、紙巻タバコの煙には、ベンゼンなど百以上もの発癌性物質が含まれている。1日の喫煙量が多いほど、また喫煙期間が長いほど肺癌に罹患する可能性は増大する。喫煙を停止すれば、肺の損傷は修復されて着実に発癌の可能性は減少する。 ただし、先進国中喫煙率がもっとも高い日本においては、喫煙に由来する肺癌は男性で約68%、女性で約18%と推計されている。一方、欧米諸国では禁煙者が飛躍的に増加しており、肺癌発症率は減少しつつある。
受動喫煙も、非喫煙者の肺癌の原因の多くを占めると確認されている。1993年に米国環境省は毎年約3000人が受動喫煙により肺癌で死亡していると結論づけている。
(ウィキぺディアから参照しています)電子タバコスーパーシガレットなら健康的に禁煙ができます♪